グルとな
「たのしい」「おいしい」がイチバン。
砺波市飲食店組合
まちのニュース

知事の伝統工芸品産地視察 4月15日

5月17日



庄川挽物木地はケヤキやトチの木を削り、お椀やお盆を作るもので、およそ150年の歴史がある。

しかし、近年後継者がいませんでしたが、今年に入って砺波市に住む高島 悠子さんが「伝統を受け継ぎ、後世に残るものを作りたい」と、伝統工芸士である島田 昭さんに弟子入りを申し込んだ。

高島さんは1999年から2001年にかけて、ニューヨークなどでグラフィックデザイナーとして活躍。2001年に帰国し、結婚を機に、庄川町出身の夫・裕さんの実家で暮らしている。

高島さんは、今年2月から、木を大まかな形に整える荒挽きという技術を学んでいる。

視察に訪れた新田知事は「いろいろな人に注目されてプレッシャーもあると思いますが、楽しくやってください」と高島さんを激励した。


その他のトピックス
季節を彩る花々 夏 6月21日 (6月27日)
こども安全サポーター派遣事業 ... (6月27日)
第6回パークゴルフ大会 6月1... (6月27日)
砺波シルバー人材センター設立4... (6月27日)
いきいき百歳体操チャレンジ教室... (6月27日)
洋画Sparkling!―20... (6月18日)
第1回大門そうめん早食い世界大... (6月18日)
第37回頼成の森 花しょうぶ祭... (6月18日)
砺波市役所にミニ行燈設置 6月... (6月18日)
第39回 中国展 6月4日 (6月18日)
場所をチェック

砺波市の位置

市内マップ

お店を探そう!!

フリーワードで探す


料理から探す
ジャンル一覧


一覧から探す
店舗リスト


クーポンから探す
クーポンリスト


人肌の宿 川金

花と緑のまち 砺波市

Yahoo! JAPAN Google となみ野がもっと、もっと好きにな。e-tonamino.com